関係国へ情報を出さない日本政府(Covid-19)

感染が広がる一方の新型コロナウイルス(Covid-19)。東京都の老人保護施設勤務の60歳代男性が感染したことが、インドネシアで混乱を招いている。日本の報道によれば、男性の感染が確認されたのは22日土曜日で、同日に発表された。男性は体調が崩れる中、15日ー19日はインドネシアに旅行していたという。インドネシアが関連するウイルス感染者としては、バリ島から帰国した中国人に次いで2人目になるという。

これに慌てたのがインドネシア政府。週末に在京インドネシア大使館に確認したが、感染者の名前やインドネシア国内での旅程など、追跡に必要な情報が何も得られなかったという。東京都新型コロナウイルス感染症対策本部ウェブサイトには、対象男性について中国への渡航歴なしとの記載があるのみで、インドネシアについては記載がない。在インドネシア日本大使館ウェブサイトにも記載はなく、また「たびレジ」からも同大使館からのワーニングは出ていない。

現地報道も、日本のそれを引用するだけ。少なくとも本ブログ執筆時点(日本時間2月24日午後6時)では続報がない。

ないないづくし、である。(写真と本文は関係ありません。)

(Hummingbird Advisories  佐藤 剛己)